カラダも家も元気が一番!健康住宅で快適生活

住む人の健康を考える

健康に配慮した家

インテリア

健康住宅とは、住む人の健康を優先に考えて作られた住居のことです。
有害な物質によって、シックハウス症候群を引き起こすことがないように、それらの物質を含まないか、あるいは少ない建材を使うなど、健康のための工夫がされています。
また、ハウスダストの対策がとられ、ダニの発生を抑えるような考慮もされています。
但し、健康住宅の意味は広く、どのようなものが健康住宅と呼べるのかについては、住む人の重視するものによって変わってきます。
例えば、エコを重視した環境にやさしい住宅も、広い意味での健康住宅と言えます。
あるいは、劣化しにくい材質を使うなど、建物自体の健康に配慮した家も、健康住宅と呼べるものです。
また、冬は暖かく、夏は涼しい住環境もまた、健康住宅と言えるものです。
空気の通りのよさや日差しの取り込みなど、健康住宅に求められているものは幅広いものがあります。
それらのすべてを最大限に実現した住居もあれば、一部分にそういった工夫が施されているものもあります。
まず、住む人自身が健康のために何を重視するのかを、しっかり意識しておくことが大切です。
そして、それが可能な限り実現できそうな住居建築を考えていくべきです。
そこで、建築を依頼する業者の選び方が重要になります。
各業者によってそれぞれが得意とするものがありますし、特徴があります。
まずは情報誌やインターネットなどを使って、健康住宅を建築する業者について、情報を集めていくことが大切です。

健康的な住宅の仕組み

家

住環境は住民の健康に大きな影響を与えるものです。
近年家に居ると体調不良が発生する、いわゆるシックハウス症候群という新たな病気が注目されるようになりました。
これは住宅の部材に用いられている、化学物質によって引き起こされるものです。
これらを予防する目的で、有害な化学物質を用いない環境に考慮した住宅が、健康住宅というものです。
具体的な仕組みとしては、まず接着剤や塗料といった化学物質を使わざるを得ない場所においては、極力人体への影響が少ない物質を用います。
また空気中に化学物質が飛散しないような工夫もなされます。
壁紙を用いるとどうしても接着剤を使わなければならないので、壁は漆喰など塗り壁にするというのも健康住宅ではよく見られます。
シックハウス症候群以外にも室内の温度や湿度、臭いなども健康的な生活を考慮するには重要な点であり、一般的に健康住宅といった場合にはこれらも考慮されていることが殆どです。
室温や湿度はエアコンを用いるのが簡単ですが、使い方を間違えると健康に悪影響があります。
またエアコンをつけている部屋とそうでない部屋との気温差が生じてしまうため、ヒートショックの危険性が高まります。
健康住宅では主に断熱や、自然の風を利用して無理なく室内を快適な状態に保てるように工夫されます。
例えば窓ガラスを二重にする事や外壁と内装材の間に断熱材を充てんするなどすることで、外気温の影響は小さくなります。
少ないエネルギーで室温を保つことができ、住宅内部の温度差も解消できます。
また大型の換気装置を用いて、住宅内部全体を換気し、またフィルターによってハウスダストや花粉などを除去して室内をクリーンに保てるような仕組みも存在します。
健康に悪影響が無い事は当然で、住んでいることで健康に近づけるというのが健康住宅なのです。

新築住宅が注目される理由

設計図

新築一戸建てのメリットは、最新の住宅設備を備えられる点です。
築年数の多い中古一戸建てと比べて耐震性や省エネ性能が優れており、総合的に住宅性能が高い物件が多いため、狛江で戸建てを買いたいと考えている人から高い人気を集めています。
狛江には中古一戸建ても多数存在しますが、築年数の古い物件だと入居前に修繕やリフォームが必要になるケースもあります。
建物価格は安くても、リフォーム代などを追加すれば、新築一戸建てより高い費用がかかる場合もあります。
その点、新築一戸建てであれば全てが新品なので安心して新生活をスタートできます。
新築一戸建ては主に、建売住宅と注文住宅の2種類があります。
建売住宅は土地付きの家を買う方法で、注文住宅は自分で土地を買って家を建てることになります。
建売住宅は土地と建物がセットで販売されるため、別々に購入する手間がかからず、予算を立てやすいメリットがあります。
土地と建物をまとめて住宅ローンを組めるため、入居まで手間がかからず楽チンです。
一方、注文住宅の場合、土地や建物を自分で自由に選べるため、狛江に完全オリジナルのマイホームを建てられます。
自分好みの建築会社に依頼できるのも、注文住宅のメリットです。
狛江で新築一戸建てを建てたいと思ったら、建売住宅と注文住宅のどちらを買うか決めて、早めに準備を始めましょう。
希望条件にこだわりすぎると予算をオーバーしやすいので、常に冷静な判断を心がけてください。